会社概要お問い合わせサイトマップ
セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
トラブルメニュー
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックスのパターン別特長
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
ヘッダー背景

最新事例紹介|セットトップボックス設計製造.com

システムとしてのセットトップボックス

お客様にサービスを提供するにあたり、セットトップボックスだけで完結することはまずありえません。
放送であれば、音声や映像、データ等をユーザーに送出するヘッドエンドとユーザーが放送を受信するためのセットトップボックスが必要になります(もちろん地上波や衛星回線などの放送波を出す仕組みも必要です)。
VOD(ビデオオンデマンド)やデータ配信でも、ヘッドエンドや配信サーバ、セットトップボックスなどの受信端末が必要です。

セットトップボックスを設計・開発する際に、送出側も含めた全体システムとして設計することが重要なのは言うまでもありません。
東亜エレクトロニクスでは、ヘッドエンド、CAS(限定受信システム)、サーバ等、送出側のノウハウも豊富です。
システム全体のインテグレーション、コーディネイトについてもお気軽にお問い合わせください。

セットトップボックスにおけるMiracastとは

Miracast(WiFi Display)とは、WiFi allianceによって2012年9月に策定された、機器同士を無線LANを使用してP2P(Peer to Peer)で接続して、映像や音声を無線でストリーミング出力する仕様です。基本的にP2P接続仕様であるWiFi Direct上で動作をします。
Miracast規格に準拠した機器同士であれば、メーカーによらずに相互接続できることが特徴で、スマートフォンやタブレットの画面を無線出力して大画面テレビで視聴することや、パソコンなどの画面をプロジェクターなどのディスプレイに無線出力することなどができます。また、遅延が少ないのでゲーム画面等の出力にも使用が可能です。

Miracast対応機器は現段階では少ないですが、Android4.2にも標準で実装されて(ただし、無線チップ側の対応も必要ですが)注目も集まっていますので対応機器は今後増加していくと思われます。

東亜電機工業では、Miracastに対応したセットトップボックスやアダプター等の対応も可能です。

セットトップボックスにおけるOTTとは

OTT(Over The Top)とは

インターネット回線を使用した動画などのコンテンツ配信として、OTT(Over The Top)と呼ばれるサービスが普及し始めています。OTTは、専用回線を使用したコンテンツ配信ではなく、一般的なインターネット回線を使用してストリーミング配信をおこないますが、受信端末も専用セットトップボックスに限定せず、スマートフォンやタブレットなど多彩な機器で受信することができます。また、ストリーミング方式も様々な方式があります。一般的なストリーミング方式としては、Apple社のHLS(HTTPーLiveーStreaming)などがあります。

 

OTTの特徴

OTTの特徴としては、回線の状況によってストリーミングのビットレートを自動で調整する仕組みがあります。OTTは一般的なインターネット回線を使用していますので、回線状況が安定していないことを想定して、回線状況が良好な場合は高ビットレート(高クオリティ)でのストリーミングをおこない、回線状況が悪い場合は低ビットレートでストリーミングをおこなうよう調整することで、安定しない回線でもストレスなくコンテンツを楽しむことが可能です。

このような特徴を活かして、OTTは携帯端末でのサービスが先行している印象がありますが、OTTサービスの普及に伴いセットトップボックスを使用して大画面で動画コンテンツを楽しむことができるケースも増えていくと予想されます。