会社概要お問い合わせサイトマップ
セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
トラブルメニュー
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックスのパターン別特長
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
ヘッダー背景

Widevine

WidevineはGoogle社が提供するDRM(デジタル著作権管理)のひとつであり、huluやNETFLIXなどの動画コンテンツ配信サービスで使用されております。
WidevineにはセキュリティレベルとしてL1、L2、L3があり、L1でのみHD動画コンテンツが閲覧でき、それ以外のレベルではHD動画が閲覧できません。
L1ではSTB内のTEE(信頼された実行環境)という特殊な環境でコンテンツ処理や暗号処理、および制御をおこなうことを要求されます。L2では暗号処理のみTEE内でおこない、その他の処理はTEE外で実行されます。すべての処理がTEE外でおこなわれる場合はL3となります。
弊社STBではTEEの実装によってL1を実現しており、高解像度のHD動画コンテンツの再生を可能としております。