会社概要お問い合わせサイトマップ
セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
トラブルメニュー
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックスのパターン別特長
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
ヘッダー背景

CTS(Android Compatibility Test Suite)とは、

CTS認証とは、GoogleがAndroidの仕様に沿ってAPKやアプリケーションが作られているかを確認するテストで、メーカがAndroidセットトップボックスを作ると必ず受けなければならない試験です。
CTS認証を取らなければAndroidセットトップボックスを販売する事ができません。
昨今、販売されているAndroid TVと言われているセットトップボックスは基本CTS認証をパスしている機器です。
(モバイル機器もCTS認証は必要です。)
しかし、中にはCTS認証を取らずに販売しているメーカもあり、その場合一部の機能が突然動かなくなる可能性があります。
CTS認証は検査機関で受けますが、多額の費用が必要になります。
検査機関に提出する前にセルフテストをする事をお勧めします。
テストツールはAndroid-CTS downloadのページでAndroidのVersion毎にダウンロードする事が出来ます。