会社概要お問い合わせサイトマップ
セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
トラブルメニュー
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックスのパターン別特長
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
ヘッダー背景

2020東京オリンピックで使われる無線の周波数

総務省より、2020東京オリンピックで使われる無線周波数案が出てきています。
インターカム等 138MHz~930MHz
ワイヤレスカメラ  1215MHz~7900MHz
P-P固定 10.7GHz~110.7GHz、12.2GHz~12.75GHz
海外からの持ち込み機器でも細かく決められています。
殆どが現在使われている周波数帯なので、世界的なイベント、優先的に使える様に使っている我々も考慮したいですね。
話題の5Gに付いては、限定的な利用になる可能性があると書かれています。
オリンピックをきっかけにして、無線の新たな役割と使われ方が開発されるので、楽しみです。我々の会社も技術に遅れないように努力していきたいと思います。