会社概要お問い合わせサイトマップ
セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
トラブルメニュー
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックスのパターン別特長
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
ヘッダー背景

OSとセットトップボックス2

先回の書き込みにも若干関連しますが、最近Google社のAndroidTV搭載セットトップボックスNexus Playerの電源を数年ぶりに偶然入れたところ、バージョンアップされてAndroid8(Oreo)になりました。購入した時点ではAndroid5(Lolipop)だったので、一気に3メジャーバージョンアップしたことになります(ネットで調査したところ2017年9月までアップデートが提供されていたようです)。
2016年に販売終了したことは知っていましたが、まさかバージョンアップ対応しているとは知らなかったので、驚きました。
基本的にAndroidTVはリリースから数バージョンはアップデートをコミットする必要がありますが、初代AndroidTV端末もしっかり対応していたのですね。

ちなみに、動きに関しては若干もたつくところはありますが、ちょっとした動画を観るくらいであれば問題ないレベルかと思いました。