会社概要お問い合わせサイトマップ
セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜エレクロトニクス株式会社ハマトウカンパニー
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
生産システム設計相互リンク
ヘッダー背景

技術者のつぶやき|セットトップボックス設計製造.com

IEEE802.11ad

最近、良く耳にするようになったIEEE802.11adの話題です。
.11adは60GHz帯を使ったWiFiの規格で、最近日本でも使われる様になってきました。
まだ、ルーター、端末の種類は少ないですが、今後5Gと平行して使用が膨らんで来ると思われます。
伝送速度は約5Gbpsとなっえおり、屋外での使用も出来る用なので、AP(Access point)としての需要もあると思われます。
ローカル5Gを導入するより安価なので、スマートシティー等で検討が進んでいます。

.11adに関しても質問も当社へお願いします。

Wi-Fi(W52)の高出力化

Wi-Fi(W52)は条件があるものの、200mW~1Wの間で使用する事が出来ます。
広範囲のAP(アクセスポイント)を作る場合は便利ですね。
最低限の条件として下記があります。
 「登録局」の手続きが必要
 「第3級特殊無線技士」の有資格者が必要
1WのAPを必要とする際には御相談下さい。
無線技士の手配も可能です。

UKCAマーキングについて

UKCAマーキングは英国市場でCEマークを必要としていた全ての製品に適応されます。
無線機器もその対象になります。
この制度は2021年1月1日に発効されましたが、準備期間として2023年1月1日までCEマークを
受け入れる事が決まりました。
無線機器は認証取得に時間がかかる場合がありますので、早めに専門機関にお問い合わせ
頂ければと思います。
2023年1月1日以降は、英国市場での販売が出来なくなります。

無線基地局の省エネ

国がカーボンニュートラルを打ち出して、無線や5Gの基地局等にも省エネへの取り組みが要求されています。
既存の無線機器には省エネは難しいですが、周波数の有効利用で少しの省エネは実現出来ると思われます。
また、携帯電話や5Gの基地局でもアンテナの素材を変えたりして省エネを実現する事も出来ると思われます。

これから設置する無線局、ローカル5G等で省エネをお考えの際には是非ご相談ください。

STBでプラスαの差別化

昔はSTBというと、テレビの受信が主な機能でしたが、昨今は様々な種類があります。
・地デジチューナーSTB
・衛星チューナーSTB
・サイネージ用STB
・OTT用STB
・Gate way用STB
等、まだまだ沢山あります。
機能を少し足すだけで、プラスαの差別化も可能であり、弊社ではSTBのカスタマイズも受け付けております。
貴方のアイデアでSTBを作るのも面白いと思います。
是非、弊社に御相談ください。

病室にWiFiを!

入院患者さんが病室で使えるWi-Fi設置は全国でまだ3割程度といわれます。
Wi-Fi環境整備が、多くの方々のQOL(Quality of Life)に大きく影響することが分かっています。
巷では、全ての病室にWiFiを設置する取り組みも始まっているようです。
しかし、医療現場でのWiFiは医療機器に影響があるのでは無いか?とハードルの高い面もあります。
我々は、病室にWiFi機器を設置するお手伝いをさせて頂きます。
是非御相談ください。

無線通信から量子通信へ

次世代通信として無線から量子へ移るような試験が行われています。
宇宙と量子のKey Wordがインターネット通信を大きく変えようとしています。
大手キャリアも低軌道衛星(コンステーション)を軸とした次世代ネットワークを模索しています。
無線通信と違うビジネスが立ちあがっています。
これからの通信は高周波では無く量子が中心になって来る事を考慮して我々も、機会があれば、この投稿で紹介させて頂きます。

可視光通信

最近、あまり聞く事が無くなった可視光通信。
しかし、こメリットを活かして、近距離通信で使われて場面もあります。
周波数からすると、375~750Thz位でしょうか?
既存の光が使えて、セキュリティーに優れ、高速通信も可能とメリットも沢山あります。
同じ電磁波ですが、無線と違って面倒な電波法の規制もありません。
使い道次第では非常に効率良く情報を伝える手段として、可視光通信も通信の選択しに
入れてみてはいかがでしょうか?

COVID-19による無線機器認証の遅れ

世界中で流行しているCOVID-19により、無線機器の認証に時間が掛かっているようです。
特に、海外のラボを使用する場合は、認証機関がCloseしている場合があります。
製品の認証をする場合は余裕を持って認証機関に提出するようにしましょう。
国内のラボでも海外に送って認証する場合もあります。
国内の無線認証機関でも十分打ち合わせをして、提出する事をお勧めします。

無線の導入を検討している方へ

無線はコミュニケーションの効率を上げ、仕事の効率を良くする上で導入を考えている方が多いようです。
しかし、無線は法律の規制が厳しく導入が難しいと考えている方は、是非、弊社へ御相談ください。
無線従事者の有資格者が適切なアバイスとともに適切なシステムをご提案させて頂きます。

医療現場でも安心して使用出来るインカムのシステム提案もいたします。
無線、高周波関連の御相談をお待ちしております。
御相談内容はこのホームページの問い合わせからお願いします。