セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

技術資料

自由空間伝搬損失

自由空間伝搬損失を計算することにより、おおよその電波の通達距離を予想することができます。
この計算は見通しで、大地反射等の条件が無い場合の計算です。

計算式
  λ=波長(m)    r=距離(m)
  自由空間伝搬損失(dB)=20log(4πr/λ)

例)周波数=100MHz  距離=10kmの伝搬損失は?
λ=約3mなので、
20log(4×π×10000/3)=92.4dB
この結果から、送信0dBmで送信すると10Km先の受信では-92.4dBmになるということがわかります。

*この計算は大地反射、アンテナゲインなどの条件が入っていないので、簡易的な目安です。