セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

高周波設計の勘所 : Ⅲ.高周波と筐体

高周波ユニットをケースに入れる

before

before

高周波ユニットをケースに組み込むときには、ケースと蓋の接触面に塗装、さび止め等のフラックスが塗ってある場合は、蓋がMain基板+無線ユニットのグランドと同電位にならず、アンテナとして作用してしまい、多くの電波を輻射してしまいます。

ビフォーアフター
after

after

高周波ユニットをケースに組み込むときには、ケースと蓋の接触面の塗装を完全に剥がしてください。蓋とケースの接触面の塗装を剥がすことにより、高周波電流のグランド電位が同電位となり、ケースと蓋でシールド効果が出てきます。それでも不要な輻射がある場合は図のように無線ユニットの近くにバネを追加することで対策ができます。

高周波の開発・設計者は、高周波基板をケースに入れるときもグランドの電位に考慮する必要があります。理想の同電位に近づけることが必要です。