セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックス設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

セットトップボックスの技術資料集

用語集

デジタル放送

 総務省より免許を受けている放送局が行うデジタル放送サービス。地上波デジタル放送、衛星デジタル放送がある。デジタル放送のメリットは少ない帯域で大容量の情報を送ることができるため、高画質・多チャンネルに向いている。

エンコード/デコード

 エンコード(変調)・・・ベースバンドから伝送しようとする媒体による最適な信号に変えること。
 デコード(復調)・・・各媒体による最適な信号をベースバンドに変換すること。

エンクリプション

 第3者に内容が分からないように暗号化をすることで、日本では「スクランブル」ともいう。

Multi2

 日本特有の音声/映像エンクリプション方式の一つで、衛星放送ではARIBに音声/映像のエンクリプションはMulti2を使用するように記載されている。

CAS

 Conditional Access Systemの略で、限定受信をするためのシステムのこと。
 日本で使われているBーCAS、CーCASも限定受信をするためのシステムである。

スマートカード

 CPUやコアプロセッサーが内蔵されているカードのことで、セットトップボックスでは、限定受信をするためのKEYが書き込まれているカードのこと。

DVB-S

 衛星テレビ放送のための国際的に承認された標準規格。

ARIB

 一般社団法人 電波産業会。
 主に、日本国内の電波を使用する機器の標準規格を策定する機関。

サンプリングレート

 アナログ信号をデジタル信号に変換するための処理である標本化で、単位時間あたりに標本を取る回数のこと。

SOC

 Systemーonーa-chipの略で、集積回路を設計するときの手法。

TS

 映像、音声、DATA等が一つとなった信号。多重信号。

PID

 パケットを識別する番号。

SI/PSI

 SI=Service information 番組配列情報。NIT、SDT、EITが含まれる。
 PSI=Program specific information 番組特定情報。PAT、PMT、CATが含まれる。

PAT/PMT/CAT

 PAT=Program Association Table PMTの一覧を伝送。
 PMT=Program Map Table Programを構成する各PIDの情報を伝送。
 CAT=Conditional Access Table 限定受信の情報を伝送。

NIT/SDT/EIT/TDT

 NIT=Network Information Table 変調周波数など伝送路の情報を伝送。
 SDT=Service Description Table 編成チャンネルに関する情報を伝送。
 EIT=Event Information Table 番組の名称、内容の説明など番組に関する情報指示。
 TDT=Time and Date Table 現在の日付、時刻を伝送。

PCR/DTS

 PCR=Program Clock Reference 送信側と受信側の基準クロック同期のためのカウンタ
 DTS=Decoding Time Stamp 復号動作を行うタイミングを同期するためのタイムスタンプ。

MPEG1-LayerⅡ

 画像、音声コーデックの一つで、一般的に使われているコーデック。

AAC

 MPEG2、MPEG4に使用されている音声フォーマットの一つ。

H.264/AVC

 動画圧縮方式の一つで、どちらも同じ方式の物。ITUーTとISO/IECで呼び方が違う。

マルチキャスト/ユニキャスト

 マルチキャスト=ネットワーク環境において、決められた複数の端末に対して同時にパケットデータを送ること。
 ユニキャスト=ネットワーク環境において、単一の送信相手に対してパケットデータを送ること。

WiFi

 通信規格であるIEEE802.11シリーズを利用した無線LANの総称。

VCCI

 日本国内において電磁妨害波を規制する基準。「クラスA情報技術装置」「クラスB情報技術装置」の 2種類の基準がある。

工事設計認証

 無線機器の認証方法の一つで、工事設計認証を取得することで、一台一台の技術適合試験が必要なくなる。

PSEマーク

 100∨のコンセントに接続する機器において、安全基準に適合しているかどうか、消費者が分かるようにPSEマークを付けることを義務付けた。

CEマーク

 欧州連合(EU)が定めた安全規格に適合した製品に付けるマーク。

HDMI

  高精細度マルチメディアインタフェースで、映像、音声をデジタル信号で伝送する通信
  インタフェースの標準規格。

DLNA

 家電、モバイル、コンピューター産業の異なる会社間でも簡単にデジタル接続ができるようにするために発足した機関。

WiFi Direct

 無線LANにおいてアクセスポイントを介せず直接通信を行うための規格。

フルハイビジョン

 画素数が1,920X1,080(縦X横)での表示のこと。