セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックス設計の勘所
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

セットトップボックストラブルメニュー

セットトップボックスのトラブル全般

異物混入による故障

・異物によりコンデンサがGNDまたは他のパターンと短絡し、動作しなくなる
・異物によりパターンが短絡しパターン配線が損傷し動作しなくなる
・異物により回路パターンが腐食し、信号レベルが低下、回路が正常に動作しなくなる
・受信用同軸ケーブルコネクタ部に雨水等の浸入により芯線が腐食し、受信信号レベルが時々途切れる

温度上昇による故障

・長期による高温環境下での使用によりIC故障により、回路が誤動作
・長期による指定温度外での使用等により電解コンデンサの容量低下による、回路が誤動作
・イオンマイグレーションによる回路短絡・あるいは信号レベル低下により、回路が誤動作する

湿度上昇による故障

・吸湿した塵による電解コンデンサの信号が短絡し、回路が誤動作する
・結露により回路が短絡し、回路が誤動作
・イオンマイグレーションによる回路短絡・あるいは信号レベル低下により、回路が誤動作する

静電気による故障

・静電気により時々データ回路あるいは制御信号ラインにノイズが乗り回路が誤動作する
・静電気によりICの入力側に異常な電圧が加わり、ICが故障する