セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅷ.デジタル回路編

ICへの突入電流対策

before

パスコン

セットトップボックスでICを使う場合、電源の突入電流に注意をしなければなりません。セットトップボックスの電源を入れた場合、ICの内部インダクタンスの関係で突入電流が流れます。突入電流が流れると、電圧降下が発生して、タイミングなどを取る回路の場合、時間軸がずれて誤動作を発生します。

ビフォーアフター
after

パスコン

セットトップボックスでのIC電源はICの突入電流に対応するように、電源側からみてICの一番近いところにパスコンをつけます。このパスコンにより、ICの内部インダクタンスがキャンセルされ、突入電流が発生しICが誤動作することがありません。

ICには固有のインダクタンスがあり、電源の突入電流に注意して設計しないと、電圧降下が生じ誤動作が発生することがあります。突入電流を防ぐため、ICの一番近いところにセラミックコンデンサー(パスコン)を追加すると誤動作を防止することができます。