セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

セットトップボックスの設計の勘所
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅶ.アナログ回路編

アナログ回路ブロックの最適な配置

before

ノイズ低減

セットトップボックスに使用する基板のどの位置にアナログ回路を配置するかでアナログ回路の特性が変化します。アナログ回路ブロックを基板の中央付近に配置すると、周りにはデジタル回路、高周波回路、電源回路等が配置され、多くのノイズの影響を得ることになります。

ビフォーアフター
after

ノイズ低減

多くの回路と接する面が少ないこと、および電磁波ノイズは基板の外周に沿って流れるため、基板上アナログ回路ブロックを配置する最も良い場所は、基板の四隅の端になります。アナログ、デジタル、高周波、電源のグランドにもアナログ回路相関のノイズが影響しなくなります。

アナログ回路を基板の中央付近に配置すると多くのノイズの影響を受けやすくなり特性が変化します。電磁波ノイズは基板の外周に沿って流れるため、アナログ回路はなるべく他のブロックやノイズの影響を受けない基板の四隅に配置することがポイントです。