セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅶ.アナログ回路編

空きオペアンプの処理方法

before

終端処理

オペアンプは、2回路入り・4回路入りのものが通常使われ、部品の配置や、パターンの関係で全てのオペアンプを使用することはありません。使用しないオペアンプを処理しないでそのままにしておくと、入出力がOPENなので、ノイズの発生原因になったり、発振の原因など、セットトップボックスのトラブルの原因になります。

ビフォーアフター
after

終端処理

セットトップボックスに使用しているオペアンプが余った場合は、終端処理をする必要があります。上記のような終端処理を行うことで、ノイズの発生、発振を防ぐことができます。オペアンプの終端の方法は品種によっても異なりますので、各メーカーのデータブックを参照してください。

空きオペアンプの終端処理を実施しないと入出力がOPENとなり、ノイズ発生の原因になります。空きオペアンプがある場合は必ず終端処理を行い、ノイズの発生や発振を防止することが必要です。