セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅵ.オーディオ回路編

抵抗の種類と音質

before

抵抗ノイズ

セットトップボックスのオーディオ特性はプリアンプでほぼ決まってしまいます。プリアンプのオーディオ回路に巻き線型の抵抗を使用すると、その抵抗にオーディオ信号が入力された場合、大きなインダクタンスとなり、ノイズが発生したり周波数特性が劣化したりします。

ビフォーアフター
after

抵抗ノイズ

セットトップボックスのオーディオ特性を良くするには、ノイズの発生しない種類の抵抗を使用することが大切です。オーディオのどの周波数帯も同じ抵抗値である金属被膜抵抗を使用すると、ノイズ、周波数特性、歪み等の改善になります。

セットトップボックスを設計する上では、抵抗ノイズの低減が必要不可欠であり、巻き線抵抗はオーディオの各周波数で抵抗値が変化しノイズを発生します。オーディオ回路に金属皮膜抵抗を使用すれば、ノイズ/歪みを低減させ、周波数特性を向上させることができます。