セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅵ.オーディオ回路編

BTL回路の漏洩電圧カット

before

外部機器

セットトップボックスなどで使用されるオーディオアンプは高出力と効率を考えるとBTLになります。BTLの場合、出力にはDCが畳重されており、直接スピーカーに繋ぐのであれば問題はありませんが、外部の機器と接続する場合は外部の機器が壊れてしまう場合があります。

ビフォーアフター
after

外部機器

セットトップボックスでBTLを使用し、尚かつ外部出力がある場合はDCを畳重しないように設計をしなければなりません。BTLの出力にコンデンサーを入れることにより、DCカットはできますが外部機器を繋げたときにコンデンサーの放電電流で外部機器を壊す場合も発生します。よって、コンデンサーの放電抵抗を追加することで、このような不具合が改善されます。

BTL回路の漏洩電流対策をしないと場合によっては外部機器を破壊してしまう可能性があります。外部機器に繋げる場合は、BTL回路の出力にコンデンサーや放電抵抗を配置することで、漏電電圧をカットし、外部機器の破壊を防ぐことができます。