セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅴ.高周波の設計編

チューナーパックの電源設計時の注意点

before

セラミックコンデンサ

セットトップボックスに使用されているチューナーパックの電源はノイズ、電磁波の発生源です。チューナーパックにはPLL、振動子等のノイズを発生する部品が使用されています。特にIF等が電源のパターンに乗ってセットトップボックス内に輻射され多くのノイズを発生します。

ビフォーアフター
after

セラミックコンデンサ

セットトップボックスに使用されているチューナーパックからチューナーパック内部のノイズを外のセットトップボックスに出さないようにするには、チューナーパックの直ぐそばにコンデンサーを配置します。チューナーパックから出るノイズは周波数が高いのでチューナーパックの直ぐそばでないと効果はありません。電源のパターンが長い場合は電源の近くにもコンデンサーを配置します。コンデンサーは周波数が高いのでセラミックコンデンサーが効果的です。

チューナーパックの電源パターンから出たノイズ・電磁波は対策を講じないとセットトップボックス内に輻射され多くのノイズを発生します。電源パターンからのノイズ放出を防ぐためにはチューナーパックや電源の近くにセラミックコンデンサーを配置しノイズを低減すれば受信感度が向上します。