セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

セットトップボックスの設計の勘所
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅴ.高周波の設計編

チューナーパックの電源設計時の注意点

before

セラミックコンデンサ

セットトップボックスに使用されているチューナーパックの電源はノイズ、電磁波の発生源です。チューナーパックにはPLL、振動子等のノイズを発生する部品が使用されています。特にIF等が電源のパターンに乗ってセットトップボックス内に輻射され多くのノイズを発生します。

ビフォーアフター
after

セラミックコンデンサ

セットトップボックスに使用されているチューナーパックからチューナーパック内部のノイズを外のセットトップボックスに出さないようにするには、チューナーパックの直ぐそばにコンデンサーを配置します。チューナーパックから出るノイズは周波数が高いのでチューナーパックの直ぐそばでないと効果はありません。電源のパターンが長い場合は電源の近くにもコンデンサーを配置します。コンデンサーは周波数が高いのでセラミックコンデンサーが効果的です。

チューナーパックの電源パターンから出たノイズ・電磁波は対策を講じないとセットトップボックス内に輻射され多くのノイズを発生します。電源パターンからのノイズ放出を防ぐためにはチューナーパックや電源の近くにセラミックコンデンサーを配置しノイズを低減すれば受信感度が向上します。