セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅴ.高周波の設計編

チューナーパックとその他の部品配置の方法

before

ノイズ部品

セットトップボックスの感度に大きく影響するのはノイズ部品の配置です。セットトップボックスは多くのノイズを発生する部品を使用しています。振動子、DC/DCコンバーター、CPUもノイズの発生源です。これらの部品をチューナーパックの近くに配置してはいけません。グランドを分離していても、チューナーパックに接続されているパターンからノイズが入ってしまい、セットトップボックスの感度を悪化させてしまいます。

ビフォーアフター
after

ノイズ部品

セットトップボックスの部品を配置するときには、チューナーパックの近くにはノイズを発生する部品は配置しないことです。ノイズを発生する部品はチューナーパックからなるべく遠ざけて配置し、チューナーパックに接続されているパターンにも近づけないことです。特にセットトップボックスのデコード出力のパターンにノイズを発生する部品を近づけるとS/Nと感度が悪化します。

セットトップボックスの内部にはノイズを発生する部品が多数使用されているので、それらの部品をチューナーパックから遠ざけノイズの影響を最小限にすることが重要です。また、チューナーパックに接続されているパターンにも近づけないようにすると、ノイズの影響を受けず、受信感度が向上します。