セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅲ.熱問題を発生させない設計編

基板を効率的に冷却できる構造設計

before

構造検討

セットトップボックス等の構造検討をするとき、一般的には部品を冷却することしか検討しませんが、基板も冷却をする必要があります。基板を冷却するには、外観デザイン、内部構造等全てのパラメーターに影響するので、最初の企画のときに決めなければなりません。

ビフォーアフター
after

構造検討

セットトップボックスの基板温度を下げるためには、基板の上下に空気の対流を起こすことが大切です。また、セットトップボックスの底部より空気を取り入れて基板の下の対流を効率的に起こすことも基板の温度を下げるには有効な手段です。セットトップボックスの構造を決めるときは空気の流れを考慮することを忘れてはなりません。

部品の温度を下げることだけに注目してしまうと、基板を伝わって発熱しない部品や、熱に弱い部品も温まってしまいます。基板の上下に空気の対流を起こし、基板を冷却できる構造にします。