セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅰ.電磁波の輻射を抑えた設計編

セットトップボックス基板のグランド電位差を無くす

before

グランド電位差

セットトップボックスの基板を設計する場合、グランドをアナログ、デジタル、オーディオと分けて設計をします。グランドを分けることにより、グランドに電位差が発生します。電位差が発生すれば、そこに高周波電流が流れて電磁波が発生します。

ビフォーアフター
after

グランド電位差

セットトップボックスの基板でグランドを分ける場合には、高周波電流の電位差が発生しないようにパスコンを付けられるラウンドを何カ所か追加しておきます。パスコンの追加する位置により効果が異なるので、何カ所か付けられるようにして、調整をするようにします。このパスコンはセットトップボックスの電源ノイズ、オーディオノイズ等の改善にも役にたちます。

セットトップボックス基板でグランドを分離しなくてはならない場合があります。その場合は、オーディオグランド・デジタルグランド・アナロググランドなど全てのグランドにおいて全ての回路に使用されている周波数の一番高いグランドと同電位になるように設計します。