セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックスの設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

STB設計の勘所 : Ⅰ.電磁波の輻射を抑えた設計編

セットトップボックスの基板パターンの整合

before

インピーダンス

パターン回路を設計する際にデバイスのインピーダンスの値が大きく違っていると、ノイズが発生しやすくなります。インピーダンスの値が大きく違うと、反射電流が多くなり、大きな無効磁界が発生します。それにより、不要輻射がパターンより発生し、電気回路のノイズの原因となっています。

ビフォーアフター
after

インピーダンス

電気回路においてノイズが発生しにくいパターン設計をするためには、デバイス間のインピーダンスを合わせることがポイントとなります。デバイス間のインピーダンスを合わせることで、デバイスから発生するノイズの反射が少なくなり、輻射するノイズ量が減少します。

セットトップボックスの開発・設計者はICとIC(デバイス間)のインピーダンス値からくるノイズについて深い知識が必要となります。ノイズの発生原因は、たとえば反射電流、無効磁界、不要輻射となります。