セットトップボックス設計・製造.COM

セットトップボックス開発設計者のためのVA/VEを実現する技術情報サイト

ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
セットトップボックス規格認定サービス
セットトップボックス動作試験サービス
セットトップボックス・ヘッドエンド不具合解析サービス
ハンドブックプレゼント-資料請求はこちら
世界の無線規格相談サービス
高周波回路相談サービス
回線設計サービス
セットトップボックス最新事例紹介
セットトップボックス基礎知識
セットトップボックス設計の勘所
トラブルメニュー
セットトップボックスのパターン別特長
世界の電波法
高周波とは
高周波技術集
技術者のつぶやき
お問い合わせ
セットトップボックスに関する用語集
サイトマップ
東亜電気工業株式会社
東亜ホールディングズ株式会社
生産システム設計相互リンク
電気電子設計相互リンク
ヘッダー背景

セットトップボックスの基礎知識

Ⅴ.セットトップボックスのコンテンツ保護

セットトップボックスのスクランブル(暗号化)方式

・セットトップボックスで受信するデジタル放送などのコンテンツは、契約したユーザーのみが視聴できるようにスクランブル(暗号化)されていることがほとんどです。スクランブル方式には下記のような種類があります。
 ・Multi2
 ・AES
 ・DVB-CS
 ・BISS

セットトップボックスのCAS(限定受信)

視聴権利のあるユーザーのみがコンテンツを視聴できるようにするための仕組みとして限定受信システム(CAS)があります。通常、セットトップボックスにスマートカードが挿入されており、視聴契約を行ったユーザーにのみスクランブルを解除するためのキーが
放送波に多重化されて送信され、デスクランブル(暗号解除)することができます。スマートカードには、ユーザーの契約情報が暗号化されて保存されています。
CASには下記のような種類があります。
 ・B-CAS
 ・C-CAS
 ・Nagra
 ・NDS
 ・Conax
 ・Irdeto

セットトップボックスでは、受信するデジタル放送などのコンテンツを契約者のみが視聴できるようにするために、スクランブル(暗号化)やCAS(限定受信)の双方を組み合わせて使用されます。